ライスフォース 無添加 成分

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

 

ライスフォースは完全無添加ではありません!

 

自然を売りにしているイメージが強かったので、これには少しびっくり。
敏感肌やアレルギー持ちのひとは心配ですよね。

 

そこで、ライスフォースの安全性と成分についてまとめてみました。不安な方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

⇒ライスフォース詳細を見てみる

 

 

※サイト運営者様へ
当サイトの記事をまねたサイトをいくつか見かけ、ご連絡をいただきます。
どうかご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

 

ライスフォース製品一覧と成分内容

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

 

ライスフォースの全成分と、特に気になる添加物についてピックアップしてみました。

 

ディープモイスチュアローション(薬用保湿化粧水)成分一覧

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

 

【有効成分】ライスパワーNo.11
【その他成分】水、エタノール、BG、DPG、濃グリセリン、グリチルリチン酸2K、DL-PCA・Na液、グリセリン、大豆リゾリン脂質液、ヒアルロン酸Na-2、植物性スクワラン、天然ビタミンE、PEG(120)、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、POE(25)POP(30)、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン

 

ディープモイスチュアエッセンス(薬用保湿美容液)成分一覧

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

 

【有効成分】ライスパワーNo.11
【その他成分】水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重合体、オクタン酸セチル、オリブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、メチルパラベン

 

ディープモイスチュアクリーム(薬用保湿クリーム成分一覧

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

 

【有効成分】ライスパワーNo.11

【その他成分】水、オクタン酸セチル、BG、植物性スクワラン、濃グリセリン、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、ステアリン酸ポリグリセリル、ステアリン酸PG、ラウリン酸ソルビタン、ミリストイルグルタミン酸Na、グリチルリチン酸2K、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

 

添加物であるパラベンとエタノールについて

注意深く見てみると、化粧水とエッセンスにはエタノール、そして全製品にパラベンが含まれています。

 

 

添加物として有名なのでちょっと不安・・


 

それぞれ調べてみたところ、パラベン自体は安全性が高く、80年前から医薬品や化粧品に使われていることが判明しました。製薬会社である上野製薬株式会社のHPでは、パラベンについてこのような記載があります。

 

パラベンとは化粧品、食品、医薬品には微生物による汚染を防ぐため、防腐剤が使用されることがあります。

中でも、パラベン類は人体に対する毒性が低く、微生物、特にカビや酵母に対して効果的であるために良く使用されています。

 

-上野製薬株式会社HPより引用-https://www.ueno-fc.co.jp/chemistry/paraben.html

 

ライスフォースはお米を発酵させたライスパワーが肌にうるおいやハリを与えます。
発酵は放っておくとどんどん進んでいきます。それを食い止めるのに、パラベンは一役買っているということですね。

 

 

発酵が進むと甘酒も納豆もおいしくないもんね。
つまり、肌にベストな発酵状態がキープできてるのはパラベンのおかげなんだね!


 

次にエタノール(アルコール)についてですが、ライスフォースの公式HPには、このような記載があります。

 

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

 

ごく微量のアルコールを使用しています。

 

使用されている量は微量ということですね。。
エタノールは、水や油に溶けにくい成分を溶かし、均一にまぜる役割があります。

 

また成分自体も安全性が高く、人体への毒性や、皮膚への刺激が少ないと言われています。

 

 

参考サイト:日本化粧品工業連合会https://www.jcia.org/user/public/knowledge/glossary/alcohol

 

参考サイト:株式会社エリザベス
https://elizabeth.jp/index/faq/ingre/011.html

 

 

・パラベン、アルコールは、製品の品質を保つためのもの
・安全性は極めて高い

 

 

心配な人は事前にパッチテストを行うと良いかもしれません。


 

ライスフォースのトライアルキットは、合わなければ全額返金保証制度もあるので、試しやすいかと思います♪

 

ライスフォース返金方法・手順についてはこちらをご参照ください。

 


 

安全性はしっかりと考慮されている

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

 

ライスフォースのHPを見ると、全ての製品に対し、一人の臨床医ではなく複数人で何度もテストを行っていると記載があります。
※すべての方にアレルギー・刺激が起きないというわけではありません

 

このような企業努力があるからこそ、多くの女性に製品が支持されているのかもしれませんね。

 

ライスフォースは医薬部外品で安全性が高い

【騙されてはいけない】ライスフォースって無添加じゃないの!?【注意】

 

トライアルキットをよく見ると、化粧水、美容液、クリームすべてに医薬部外品と記載があります。医薬部外品(薬用)は、国が認めた有効成分が含まれており、その成分の効果が期待できるものを指します。

 

 

ライスフォースの場合は、ライスパワー11が皮膚水分保持機能改善に効能があると認められています。


 

医薬部外品は、医薬部外品安全性試験 ガイドラインを突破しなければ、製品として認められません。

 

このように、製品に自信があるからこそ、ライスフォースのトライアルキットは全額返金保証があるのかもしれませんね。私たちが試しやすいよう、顧客によりそっている姿勢が伺えます。

 

⇒ライスフォース詳細を見てみる

 


page top